Windows 7 はもっと速くなる!
Windows 7 高速化.org

初期設定のままでは あまりに重すぎる Windows 7。
  
でも設定次第では 大変に快適なOSなんです。
  
Windows 7 を高速化して 2020年1月14日まで使い切りましょう。



  Windows 7 高速化.org  - トップページ -
 
 
【 Windows 7 高速化 : カテゴリ 】
 sponsored links
1. 視覚効果を無効にする
2. 不要なデスクトップアイコン・ソフトウェア・フォントを削除する
3. システム起動時・スリープ解除時のパスワード入力を省略する
4. スタートアップ・サービス・自動起動プログラムを停止する
5. ハードディスクを最適化する
6. 個人用フォルダ・ファイル / 一時フォルダ・ファイル
 / Windows Search インデックスを別ドライブに移動する
7. インターネットエクスプローラー ( IE ) を最適化する
8. 仮想メモリを別ドライブに移動する
 / 仮想メモリをできるだけ使わないように設定する
9. ソフトウェアの動作を速くする 11. インターネットの高速化 / ReadyBoostの有効化
10. フリーソフトを利用する ( レジストリ最適化 / すべてのプログ
ラムを展開表示 / 動画プレーヤー / 無料オンラインストレージ )
12. ショートカットを作成する
     
こちらもどうぞ   【  Windows 7 裏技!便利技! 】


ハードディスク、メモリの不具合もチェックしてみよう
「 ディスクチェック 」 でハードディスクのエラーを診断する : Dドライブ以降のドライブ

  Cドライブ ( システムドライブ ) のエラー診断手順につきましては、こちらをご覧下さい。

→  「 ディスクチェック 」 でハードディスクのエラーを診断する : Cドライブ ( システムドライブ )


Cドライブ ( システムドライブ ) を 「 ディスクチェック 」 で診断した場合には、作成された詳細な診断ログ ( Wininit ) を
イベントビューアーで確認することができました。

しかし Dドライブ以降のドライブを 通常の方法で診断した場合には 詳細なログが作成されず、診断内容を確認することが
できません … が、「 コマンドプロンプト 」 から 「 チェックディスク 」 を起動することで、ログを残すことが可能になります。

 








sponsored links 
 

 




[ 「 ディスクチェック 」 でハードディスクのエラーを診断する : Dドライブ以降のドライブ - 診断手順 ]


 
  1.  [ スタートボタン ] をクリックしたら 次に [ すべてのプログラム ] をクリック。 プログラム一覧が表示されたら
     [ アクセサリ ] フォルダを選択しクリック。



2.  表示されたプログラムから [ コマンドプロンプト ] を選択し 右クリック。 さらに表示されたメニューから [ 管理者として
     実行 ] を選択し クリック。



3.  “次のプログラムに このコンピューターへの変更を許可しますか?” が表示されたら [ はい ] をクリック。



4.  「 コマンドプロンプト 」 が表示されたら “C:\Windows\system32>” に続けて “chkdsk■d:■/f■/r” ( ■の部分は
     スペース ) と入力し、Enterキーを押す。

     ( 処理が開始される )

  ※  “/f” を入力することで ファイルシステムの修復が、“/r” を入力することで 不良セクターの回復が実行されます。
       “chkdsk d:” だけの場合は、ファイルシステムエラー および 不良セクターの検出、表示のみとなります。

  ※  ハードディスクの容量、状態にもよるので 一概には言えませんが、通常 診断には長時間を要します。
       就寝前、外出時など、長時間システムを使用しない時間帯を利用して、診断することを おすすめします。

コマンドプロンプト




5.  処理が完了したら コマンドプロンプトを閉じる。



6.  続けて 診断の結果を確認していく。

     [ スタートボタン ] をクリックしたら [ コンピューター ] を選択し右クリック。 さらに表示されたメニューから [ 管理 ] を
     選択しクリック。



7.  [ コンピューターの管理 ] ウィンドウが表示されたら ウィンドウ左の [ イベントビューアー ] から順に、下記の各キーの
     前に表示されている △ ボタン ( クラシック表示の場合は + ボタン ) をクリックし、展開させる。

イベントビューアー


イベントビューアー

    ↓

Windows ログ


8.  [ Windows ログ ] を展開させた中から [ アプリケーション ] を選択し、クリック。

      さらに ウィンドウ中の [ ソース ] の項目が [ Chkdsk ] と表示されているデータを見つけ出し、ダブルクリック。

「 コンピューターの管理 - イベントビューアー - Windows ログ - アプリケーション : Chkdsk 」
 
Chkdsk




9.  [ イベントプロパティ ( Chkdsk ) ] ウィンドウの [ 全般 ] タブが表示される。

イベントプロパティ


まずは 上記画像内・上部の赤線を参考に、ログの中から “○○インデックスエントリを消去しています …” を含む 2項目
および、“○○未使用のセキュリティ記述子を消去しています” の項目を確認する。 ( “○○” は数値 )

“○○” の数値が 1桁の場合、ファイルシステムに問題はなし。

“○○” の数値が 2桁以上の場合、手順1〜9を 再度 実行し、“○○” の数値が 1桁になるまで繰り返す。

  ※  この再実行の場合 手順4のところでは “chkdsk■d:■/f” ( ■の部分はスペース ) と入力し、Enterキーを押す。
       “/r” は入力しない。

       この場合 不良セクターの診断・回復はしないので、数分で処理は完了します。

コマンドプロンプト


次に 上記画像内・下部の赤線を参考に、ウィンドウ内から “○○ KB : 不良セクター” の項目を確認する。
( “○○”は数値 )

“○○” の数値が 0 ( 0 KB : 不良セクター ) の場合、セクターに問題はなし。

“○○” の数値が 0 より大きい場合は、セクターにエラーがあることになる。


Cドライブのディスクチェック のページにも書きましたが セクターエラーに関しては、数値が小さいならば フリーソフトで
修復が可能な場合もあります。

→  データ復旧ソフトウェア FromHDDtoSSD













セクターエラーは2桁になると 近い将来、ハードディスクの不具合、寿命などにより、交換が必要になる可能性もあるかも
しれません … ( あくまでも私見です )。

セクターエラーが出始めると 徐々に徐々にエラー領域が増えていくこともありますので、定期的に 診断をするようにしま
しょう。

     sponsored links
    







Copyright ©    Windows 7 高速化.org   All rights reserved