Windows 7 はもっと速くなる!
Windows 7 高速化.org

初期設定のままでは あまりに重すぎる Windows 7。
  
でも設定次第では 大変に快適なOSなんです。
  
Windows 7 を高速化して 2020年1月14日まで使い切りましょう。



  Windows 7 高速化.org  - トップページ -
 
 
【 Windows 7 高速化 : カテゴリ 】
 sponsored links
1. 視覚効果を無効にする
2. 不要なデスクトップアイコン・ソフトウェア・フォントを削除する
3. システム起動時・スリープ解除時のパスワード入力を省略する
4. スタートアップ・サービス・自動起動プログラムを停止する
5. ハードディスクを最適化する
6. 個人用フォルダ・ファイル / 一時フォルダ・ファイル
 / Windows Search インデックスを別ドライブに移動する
7. インターネットエクスプローラー ( IE ) を最適化する
8. 仮想メモリを別ドライブに移動する
 / 仮想メモリをできるだけ使わないように設定する
9. ソフトウェアの動作を速くする 11. インターネットの高速化 / ReadyBoostの有効化
10. フリーソフトを利用する ( レジストリ最適化 / すべてのプログ
ラムを展開表示 / 動画プレーヤー / 無料オンラインストレージ )
12. ショートカットを作成する
     
こちらもどうぞ   【  Windows 7 裏技!便利技! 】
Windows 7 の高速化設定をする前に 「 復元ポイント 」 を作成しておきましょう


【 2015/ 8/15 更新 】 …   Windows 10 高速化.net −Windows10を速くしよう!− < Windows 10 高速化.net  >
【 2015/ 7/30 更新 】 …   Windows 10 正式版リリース −インストール完了!− < Windows 10 テクニカルプレビュー版 >
【 2015/ 6/19 更新 】 …   「 Windows 10 を入手する 」 を非表示にする < Windows 7 裏技!便利技! >
当サイト、アクセス最多記事はこちら …   ReadyBoostを有効にする
よろしければ …   こちらは姉妹サイト(1)ですこちらは姉妹サイト(2)です


Windows 7 は 2020年1月14日 まで使えます。
  ( 延長サポート終了日 )

Windows の最新版は Windows 8 ですが、過去 Windows 95 〜 Windows 7 までは アップグレードした場合でも、ユーザーは
新しいOSを 直感で操作することができました。

しかし Wndows 8 の場合、過去のOSとは異なるデスクトップデザインのため、使いづらさ・戸惑いを感じるユーザーが多い
ようです。

サポート期限も長いですし その辺を考慮すると、現在 Windows 7 を使っているユーザーであれば 無理してアップグレードせず
Windows 7 を使い続けるのがベストではないかなぁ ... というような気がします。



しかしその Windows 7 ですが、いまだに人気の高い XP と比べると かなり重いです。( Vista よりは 軽くなっています )

それでも設定次第では 結構 軽くなります。

Windows 7 の高速化設定で 少しでも軽く・快適に、2020年のサポート終了まで使い続けていきましょう。

     sponsored links
 



【 Windows 7 高速化 : コンテンツ 】   ハードディスク、メモリの不具合もチェックしてみよう
       
1. 視覚効果を無効にする 6.
 
個人用フォルダ・ファイル / 一時フォルダ・ファイル / Windows Search インデックス
を別ドライブに移動する
     ● システム起動時のロゴを非表示にする      ● マイドキュメントなどを別ドライブに移動する
     ● Windows Aero ( エアロ ) を無効にする      ● 一時フォルダ・ファイルを別ドライブに移動する
  「 Windows エクスペリエンス インデックス 」 について      ● Windows Search インデックスを別ドライブに移動する
     ● サウンドをなしにする    
     ● 視覚効果を無効にして パフォーマンスを優先させる 7. インターネットエクスプローラー ( IE ) を最適化する
     ● 動画ファイル・画像ファイルのサムネイルアイコン表示を無効にする      ● プロキシサーバーの自動検索を無効にする
         ● アドオンを無効にする ( ツールバーと拡張機能・検索プロバイダー )
2. 不要なデスクトップアイコン・ソフトウェア・フォントを削除する      ● アドオンを無効にする ( アクセラレータ・追跡防止 )
     ● 不要なデスクトップアイコンを削除する      ● インターネット一時ファイルを別ドライブに移動する
     ● 不要なソフトウェアを削除する      ● インターネット一時ファイルを自動でクリーンアップする
     ● 不要なガジェット ( デスクトップガジェット ) 削除する      ● インターネットエクスプローラー ( IE ) の設定をリセットする
     ● 不要なフォントを削除する    
  フォントの表示・非表示について 8.
 
仮想メモリを別ドライブに移動する / 仮想メモリをできるだけ使わないように
設定する
         ● 仮想メモリを別ドライブに移動する
3. システム起動時・スリープ解除時のパスワード入力を省略する      ● カーネルをすべてメインメモリに常駐させる
     ● システム起動時のパスワード入力を省略する      ● ソフトウェア起動用のメモリ領域を開放する
     ● スリープ解除時のパスワード入力を省略する    
  省電力モード 「 スリープ / 休止状態 / ハイブリッドスリープ 」 について 9. ソフトウェアの動作を速くする
  「 ハイブリッドスリープ 」 のオン / オフ      ● メニュー表示を速くする
         ● 重いソフトを快適に動作させる
4. スタートアップ・サービス・自動起動プログラムを停止する      ● CPUコアを限定して負荷の高いプログラムを実行する
     ● スタートアップフォルダから不要なショートカットを削除する    
     ● 不要なスタートアップを無効にする ( システム構成ユーティリティ ) 10. フリーソフトを利用する ( レジストリ最適化 / すべてのプログラムを展開表示 /
動画プレーヤー / 無料オンラインストレージ )
     ● 不要なサービスを無効にする ( システム構成ユーティリティ )      ● レジストリを最適化する ( フリーソフト使用 - インストール手順 )
  無効にできるサービスおよび 無効にできる条件 一覧 ( サービス名 A 〜 L )      ● レジストリを最適化する ( フリーソフト使用 - 使用手順 )
  無効にできるサービスおよび 無効にできる条件 一覧 ( サービス名 M 〜 S )      ● すべてのプログラムを展開させて表示する ( フリーソフト使用 - インストール手順 )
  無効にできるサービスおよび 無効にできる条件 一覧 ( サービス名 T 〜 W )      ● すべてのプログラムを展開させて表示する ( フリーソフト使用 - 使用手順 )
     ● エクスペリエンスインデックスの自動更新を無効にする      ● 動画プレーヤーを変える ( フリーソフト使用 - インストール手順 )
     ● DNSアップデートを無効にする      ● 無料オンラインストレージサービスを利用する ( Microsoft SkyDrive OneDrive )
     ● システム障害発生時のデバッグ情報の書き込みを無効にする    
    11. インターネットの高速化 / ReadyBoostの有効化
5. ハードディスクを最適化する      ● SNPを無効にする
     ● ディスククリーンアップで不要なファイルを削除する      ● ネットワーク自動最適化機能のレベルを変更する
     ● ディスクデフラグで断片化を解消する      ● IPv6のサポートを無効にする
     ● ディスクデフラグの実行スケジュールを変更する      ● Google Public DNS を利用する
     ● 頻繁に使用しない大容量ファイルをZIP圧縮して保存する      ● ReadyBoostを有効にする
       
    12. ショートカットを作成する
      〜  Windows 7 高速化.org  -  コラム  〜      ● コントロールパネルの項目へのショートカット作成
         ● 頻繁に使用するプログラムをタスクバーに表示させる
         ● メール作成画面へのショートカット作成
       
 

sponsored links  







Copyright ©    Windows 7 高速化.org   All rights reserved